アルファードで家族が車酔いする、どうしたらいい?

長旅や、混雑で疲れがたまっていたり、小さなお子様のいる家庭では、車酔いの経験をされている方も多いでしょう。
家族向けのアルファードに乗っていて、車酔いした場合には、対処法としては、一番は外の空気を吸うことが大切です。
車から降りられる状況であれば、外に出て空気を吸うことが大切です。車から降りられない状況の時には、ベルトを外したり、胸元を開けるなど、衣類を緩めることです。
車の窓を開けて、風通しをよくして、外の新鮮な空気を吸いましょう。息はゆっくり吸うようにして、呼吸を整えることが大切です。
シートを倒すよりも、座ったままの姿勢のほうがいい場合もあるので、その場の状況と、酔っている本人の体調に合わせてあげることが大切です。
車を運転する人は、なるべく揺れが少ないスムーズな運転を心がげて、酔っている人の負担を少なくしてあげることも大切です。
場所を移動できそうだったら、アルファードの前の助手席に座らせて、窓を開けて、できるだけ遠くの景色をみるようにしましょう。
アルファードを運転する人は、荒い運転を避けて、揺れの少ないように心がけることが大切です。
大きい分、車の揺れも大きくなるので、酔いやすい人は、あらかじめ前の席に座ることも大切です。